FC2ブログ

フィリピンパブ 熱中時代 6 さよならパーティー

いよいよ最大のイベントの始まりです。
そして、最大の苦痛の始まりなのです。
今だから、書き込みできますが、当時は、真剣に彼女が好きでした
ただ、彼女と思っているのは自分だけで、彼女から見れば
単なるお客でしかなかったのです。
(サザンの歌でタイトルは、思いすごしも恋のうち...)
フィリピンに帰る時には、必ず戦利品を持って帰ります。
女の子達は、不思議なもので、プラチナよりも金を好みます。
そしてブランドは、ブルガリです。
お土産には、チョコレート、シーフードカップヌードルが定番に
なります。
ただ、このようなものは、当然さよならの前に準備しておきますので
イベントの当日は、かさばらないものが好まれます。
さよならの当日は、なかなか帰る事を許されず
こんなに、自分以外の沢山のお客が居る事を
思い知らされるのです。
(ただその状態でも、自分の馬鹿さ加減に気づく事が出来ない
状態でした。)
さよならの日は彼女が主役で、私たちお客が盛り上げ役
この段階で彼女達は、もう一度日本に来る予定の場合だけ
お客をキープするようにします。
フィリピンの連絡先は、嘘の場合は、日本には帰りません。
連絡先が本当ならば、あなたは、まだまだカモの人生が
続くのです。
私の場合、彼女はすぐに戻ってきました。
帰る直前には、フィリピンからの電話.......
やっとの思いで、お店から帰る事ができた時には
ちゃんと、次のお店に直行でした。
結局、馬鹿な男は馬鹿でしかなかったのです。
私のフィリピンパブ人生は、長い年月を費やして
なんら成果も得ないものでしたが、
中には結婚までした人も知っていますし
フィリピンに帰ってからも永遠に、お金を送金している人も
知っています。

そして彼女が帰ってしまってからも、別のフィリピンパブ熱中時代が
始まります。

次は、中々経験できない、入管管理局との遭遇編を送ります。
(この日は、まさか自分が、こんな場面に遭遇するとは.....)

スポンサーサイト



この記事へのコメント

Taku. : 2008/12/27 (土) 10:06:53

なるほど。奥が深い!
私もまた取引先の社長さんが、フィリピンパブの常連だったので、出張でお邪魔するたびに連れていってもらいました。
同伴などもよく行ったのですが、なにしろ地元の店とは違うため、自分ひとりで行くことがありません。
職場に “カノジョ” から来店の誘いの電話が入っても、それに乗る時間も金銭的な余裕もなかっため、被害状況 (?) は軽度ですみました。
こういうレポートは勉強になります。
 

ゆうゆう : 2008/12/27 (土) 11:22:41

ここ数年、お店には行っていないのですが
最近の噂は流れてきます。
日本でフィリピン人が働くのが難しくなった為
今は、ほとんどアルバイトだそうです。
レベルが、かなり下がっている状況です。
まず。ハマる事は少ないと思います。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

ユーツー

Author:ユーツー
埼玉県八潮市でサンドブラスト・ウェットブラスト加工を行っています。
〒340-0833
埼玉県八潮市西袋1-1
TEL048-921-8087
FAX048-921-8088
http://u2-blast.com/custom/ 

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる